2017年10月14日土曜日

写真が撮りたくなってきた

2年ほど前、職場異動と前後するように、写真を撮影する気分が減退してしまいました。
それまで憑かれたように写真ばかり撮っていたのに、反動でしょうか。
仕事が変わったストレスもあったのでしょうが、自分でもよくわかりません。

新宿御苑の蘭

以前は500PXで美しい写真を見るのが楽しみだったのですが、それを見ることもなくなっていました。
tumblrBloggerにブログを書いたり、Google+でたくさんの+1をもらったりするのも楽しみだったのですが、そういうSNSもすべて煩わしくなり、投稿することをやめていました。
疲れてたんでしょうか。

最近、また写真が撮影したくなってきました。
この間、東京駅の夜景をが撮影したくなり、撮影して500PXに上げた所、そこそこの評価をもらって嬉しくなりました。
やっぱり、自分の作品が他の人に見てもらえて、評価していただけるのは非常に嬉しいです。

巨木

やっぱり写真はいいなぁ。
今度は何を撮りに行こうか。とりあえず100mmマクロで自宅の周りの花を撮影するところから始めたいと思います。

よろしければ私の写真を見ていただいて、楽しい気持ちを共有していただければ幸いです。

海外のAmazonを利用して賢くお買い物をする方法

今年の初めからゴールドジムに通い始めました。ゴールドジムは筋トレの聖地みたいな所です。
非常に面倒見もよく初心者講習会を全6回もやってくれて、トレーナーがマンツーマンに近い形で教えてくれますし、それぞれにあったトレーニングメニューを無料で作ってくれるので、本当にありがたいです。

デッドリフトに挑む女性

筋トレは体を鍛えて健康になることができますし、カッコよくなります。
おまけに日頃のストレスやイライラも解消できるので、良いことずくめの趣味です。

筋トレにハマって体を鍛えているうちに高重量を扱うようになり、身体の保護とさらなるパワーを求めて、ウェイトリフティング用のパワーベルトを調達する必要が出てきました。
どうせ買うなら良いものを買いたいということで、通常のベルトタイプのものではなく、ワンアクションで締めたり開放したりすることができるレバータイプのベルトをAmazonで探してみました。


その結果が、上の写真です。
安くても2万円はします。出せないわけではありませんが、レバー式でなければ6~7千円で買えるものです。
なんとなくボッタクられているような…。
日本ではあまり需要がないせいか、種類も少ない感じです。

そこでAmazonアプリの設定を切り替え、イギリスのAmazonを覗いてみました。
海外のAmazonでお買い物するには、その国のAmazonのアカウントが必要になりますが、只で作ることができます。
イギリスAmazonで探してみたら、送料含めて約35ユーロで買えます。
2017/10/13現在のレートだと、日本円にして約4,600円です。これはお買い得。
しかし、海外のAmazonから買う場合、日本には輸送できないと断られることがあるので、注意が必要です。
この商品もそうでした。
赤字で This item dose not ship to Japan. と書いてありますが、これが書いてある時は日本への輸送はできないということなので、お買い物できません。
いくつか商品を見ていくと、日本へ輸送してくれるものがありました。
商品本体は35ユーロで、輸送費は確か6ユーロくらいだったと思います。合計41ユーロで約5,400円です。
物としても非常にいいものです。かなり安く購入できました。
これで腰のサポートは万全です。

次に膝のサポートのため、ニースリーブが欲しくなり、日本のAmazonで検索してみました。
ところが…。

これまた、舐めてんのか!と言いたくなるような値段設定です。
前回同様、イギリスAmazonを覗いてみましたが、日本へ輸送してくれるもので丁度良い物がありませんでした。
イギリスが駄目なら、アメリカです。

アメリカAmazonで検索してみた所、良いものがありました。

本体が19.99ドルで送料が8.49ドル。日本円で約3,200円です。
これまた、相当お得に変えました。

Amazonはとても便利で安い物を簡単に手に入れる事ができますが、物によっては上記のように、海外のAmazonを使用した方が安く手に入れることができます。
参考にしていただければ幸いです。




2017年10月10日火曜日

体調不良

昨夜、行きつけの居酒屋で家族で夕食をしました。
帰宅してしばらくしたら、突然、気持ち悪くなり、もどしてしまった。
それほど飲酒もしていないし、家族は平気なので、何かに当たったわけでもないようだ。

今朝は起きてみると、胃が痛くてたまらない。
胃は空っぽだが、吐き気が酷い。
画像だけは清らかに

今日は大事な会議があったが、職場に行くことができず、休んでしまった。
あー、思い返せば、今年に入ってから体調不良以外の原因で休んでないな。
たまには遊びに行くとか、有意義なことで休暇を使いたいものだ。

今週末は、箱根駅伝の予選会の応援に行く。
それを楽しみに頑張ろう。

2017年10月1日日曜日

東京駅夜景撮影

とてもとても久し振りの更新となります。
ブログオーナーの私ですら、ブログの存在を忘れていました。
日記帳がてらに、ぼちぼちと更新していくつもりです。
よろしくお願いいたします。

仕事も落ち着き、カメラを持つ余裕もできてきました。
500PXでも、時々、写真も売れています。

最近はストレス発散とアンチエイジング目的の筋トレばかりしていましたが、
そろそろカメラでの創作活動も再開したいと思っています。

東京駅近辺でSecurity Week 2017が開催されていたのですが、カンファレンスを聞きに行ったついでに、帰り道に東京駅夜景を撮影してみました。
東京KITTEで撮影したのですが、KITTEの屋上は三脚が使えなくなっていました。
かなり困りましたが、頑張りました。

いつもお気に入りの一枚を執るために、数十枚の写真を試行錯誤しながら撮影します。
そんな試行錯誤をすこしご覧に入れます。


ホワイトバランスをAutoで撮影

ホワイトバランスをタングステン灯で撮影

色飽和させて撮影

いつもこんな感じで、すこしづつ撮り方を変えながら、たくさん撮影しています。
たくさん撮影しても、一枚も気に入らず、すべてお蔵入りになることも珍しくありません。
この試行錯誤が楽しいんですよね。

これからも楽しんでいきたいと思います。

2015年11月3日火曜日

日光隠れ三滝にリベンジ!

先日、先輩カメラマンに日光隠れ三滝を教えていただいて、すっかり気に入ってしまいました。
東京から日帰り圏内で、奥入瀬渓谷のような渓流と、ダイナミックな滝。
気に入らない訳がありません。

しかし、前回連れて行ってもらった時には一日曇り。小雨まで降る始末でした。
霧降高原というくらいですから、基本的には天気が良くない場所なのはわかっているのですが、紅葉の赤や黄色と、青空のコントラストで撮影したかったので、前回はかなり悔しい思いをしました。

霧降高原の紅葉のピークは今週いっぱいと思われます。
文化の日の今日、昼近くから晴れるというのを信じて、隠れ三滝にリベンジしてきました!
前回は朝一番の特急を利用したのですが、昼近くから晴れるということなので、東武浅草駅発7時10分の快速に乗り、現地には10時近くに着きました。

東武日光駅から霧降高原を望む

素晴らしい天気です。
昨日雨が降ったおかげで、空気の中の不純物も流されたようで、素晴らしい青空です。
電車で移動中は霧で100m先も見えない状況でだったので不安だったのですが、勝負に勝った気分です(笑)
まぁ、霧もあそこまで深ければ、それはそれで楽しめたかもしれませんが…。

さっそく撮影開始です。

やはり紅葉には青空が似合います

前回と比べると紅葉の色付きはあまり変わっていませんが、コントラストが効くお陰で、さらに色付いているように見えます。
来て良かった。

一番、青空が欲しいのは玉簾の滝です。
三滝に近づいた時、雲が出てきて若干暗くなってきたので、前回と同じくマックラ滝から回ることにしました。
玉簾の滝にはお昼近くに着くようにして、最高の青空の下で撮影できるようにする作戦です。

ところで前回に来た時はスニーカーで来てしまったので、沢歩きをする時に靴がグショグショに濡れて気持ち悪く、またツルツル滑って危険でした。
そこで今回はボランティア作業用に買っておいた、安全長靴を履いてきました。


安全長靴は爪先が鉄板で覆われていて、岩場で足を保護してくれます。また、濡れた場所でも滑りにくいです。
中敷きに踏抜き防止用の中敷きを敷いて、安全を確保しました。
長靴に加え、合羽のズボンを履いて下半身を水から保護しました。
上半身は特殊部隊用のジャケットを装備。
沢歩きを快適に行うことが出来ました。

カッコ悪い?
快適性優先です。そもそも三滝付近は人はほとんど居ませんし、他人のことなど気にしません。

マックラ滝

マックラ滝

やはり少し青空が入るだけで、印象が変わります。
また、足拵えをしっかりしたお陰で、水流の中にも入れるようになったので、構図に自由度が生まれました。
スニーカーだと足が濡れるのが嫌で、ちょっとした水溜りでも踏み込めません。


それにしても晴れていると、撮影が楽しいです。
川の流れと紅葉

さて、マックラ滝を堪能した後は、玉簾の滝に移動です。
移動中も素晴らしい景色が多くて、撮影に大忙しです。

まさに紅葉

紅葉と美しい清流

前回来た時に一番気に入ったのが、玉簾の滝です。
この青空とどんなコントラストを見せてくれるのか、ドキドキワクワクしながら向かったのですが…。

この絶景!!

あーー、もう!!
本当に来て良かった…。

この光景を見ながらお弁当を食べつつ、たくさん撮影をします。
何しろ、この光景は今しかないのですから!!


こんな素晴らしい景色を見られて幸せです。

ところで滝の写真を撮る時は、構図の数に比べて、写真の枚数が増えます。
絞りを微妙に変えて、水の表情を変えているのですが、最適値がわかっていないので、数撃ちゃ当たる方式で撮影するからです。
結果、現像が大変になるのですが、それすらも楽しいです。


本当に楽しい撮影でした。

玉簾の滝の撮影を終えた後、三滝最後の滝、丁字の滝に向かいます。
丁字の滝は撮影してもあまり楽しくないので、滝の撮影をパスして、滝上から見下ろす風景を狙います。


それにしても、本当に撮すものが多くて困る。


本当に良い所を教えてもらいました。感謝感謝です。

丁字の滝の上からの風景

丁字の滝の撮影を終えた所で、霧降の滝バス停に向かいます。
霧降の滝のバス停のところにある、山のレストランがいい感じだったので、それも撮影したかったのです。

霧降の滝バス停近くの山のレストラン

山のレストランの写真を撮影した所で、今日は終わり。
心地よい疲労と満足感を持って、帰りの電車に乗りました。
あー、楽しかった。
また明日から頑張れそうだ。

2015年10月31日土曜日

日光隠れ三滝

紅葉の季節になりました!
昨年は高尾山に紅葉を撮影に行ったのですが、思ったより綺麗でなかったのと、あまりにも混雑していて撮影が困難だったので、今年はどこへ行こうかと悩んでいました。
そうしたら先輩カメラマンが日光で滝と紅葉を撮影しないかと誘ってくれたので、有難く連れて行っていただきました。

ただ、日光の滝と言っても霧降の滝等は遠く離れた観瀑台からしか滝を観ることが出来ませんので、良い写真は撮れません。
その点、先輩カメラマンが連れて行ってくれる隠れ三滝は、滝壺まで行くことが出来ると言う事なのでワクワクしながら日光行きを楽しみにしていました。
玉簾の滝

東武浅草駅を6:20に発車する快速に乗り、2時間で東武日光駅に着きます。
片道1,350円と案外リーズナブルなお値段です。
東武日光駅前から霧降高原行きのバスに乗り、隠れ三滝で下車します。バスの運賃は250円ほどだったと思います。バスもSUICAが使えるので便利です。

バス停からは歩きですが、20分ほどで隠れ三滝の最初の滝、マックラ滝に着きます。

マックラ滝全景 この光景はハイキングコースから見れます

通常は上の写真のような光景をハイキングコースから見て綺麗だねと話しながら通りすぎるのでしょうが、私たちは滝壺にまで踏み込みます!
かっこ良く言いましたが、本当は詳しい状況を先輩カメラマンから聞いていなかったので、まさか道無き道を突き進む、ガチの沢歩きだとは思ってなかったので、普通のスニーカーで来てしまいました。
足場は苔むした滑りやすい大きな岩がゴロゴロしているか、グチョグチョの土しかありません。
しかも急角度の谷です。
本来ならばきちんとしたトレッキングシューズで来るか、長靴が良いと思います。
転んだり、足を挫いたり、カメラを水没させたりせずに済んで良かったです。

でも苦労する甲斐はある景色です。

マックラ滝の滝壺に行く途中にある小さな小さな滝

滝壺にまで行ける滝なんて、そうそうはありません。
興奮していました。
本当に先輩カメラマンには感謝です。

マックラ滝

上の写真はかなり滝に近づいて撮影したのですが、さらに滝壺近くを目指します。
でもいつ転んで落ちるかと、怖かった(笑)

滝壺 水滴で若干ボヤケています

もう楽しくて嬉しくて、怖がりながらも興奮して撮影していました。
おまけに、周囲には自分達以外、誰もいません。
被写体独り占めです。なんて贅沢なんでしょう。

それにしても滝の撮影は難しいです。
シャッタースピードによって、水の表情が劇的に変わります。

シャッタースピード高速 水に粒状感が出てダイナミックな感じ

シャッタースピード中速 ダイナミックさは残しつつも流れる感じ

シャッタースピード低速 水流が糸のようになり、静かな感じ

表現としてどれが正解という事は無いので、どう表現したいのかが問題になります。
でもどう表現したいのかが定まっていないので、すこしづつ設定を変えてたくさん撮ります。
あまりにマックラ滝を撮影するのが楽しかったので、ここだけでバッテリーを一本使ってしまいました(笑)

マックラ滝近くの美しい紅葉

マックラ滝で一日遊べそうだったのですが、三滝なので、残り二つの滝も気になります。
後ろ髪を引かれながらも、次の玉簾の滝を目指します。

山を染める紅葉

マックラ滝まではハイキングコースを通る限り歩き易い道でしたが、玉簾の滝までの道は少々足元が危ないので、やはりトレッキングシューズが必要となります。
足腰に不安がある人はストックがあった方が良いかもしれません。

玉簾の滝上

玉簾の滝は上からも下からも観ることが出来ます。
ハイキングコースには観瀑台も設置されていますので、一番観やすい滝です。
ただし、やはり滝に近づくとなると、マックラ滝と同じく危険が伴います。
滝壺に近づくなら足拵えをしっかりして下さい。

玉簾の滝

美しく色づいた紅葉と滝がマッチしていて美しいです。
これで空が青空だったらなぁ。
最高の写真になったろうに…。
近々、リベンジをします!

玉簾の滝

玉簾の滝

この風景を見ながら、持参したお弁当を頂きました。
美味しい空気と美味しい料理。
最高の贅沢です。

三滝、最後の丁字の滝を目指します。

丁字の滝

丁字の滝は滝のそのものより、滝上から見下ろす景色が美しいです。

丁字の滝上

丁字の滝上 別構図

丁字の滝上 縦構図

あー、本当に青空だったらなぁ…。

この後、霧降の滝にも行く予定だったのですが、雨がポツポツと降ってきたので、本降りになる前に退散しました。
一日遊んで、5千円もかかりませんでした。
おまけに奥入瀬渓谷を髣髴とさせるほど、美しい渓谷を教えてもらったので、先輩カメラマンには感謝感謝です。
天気の回復を待って、紅葉と青空のコンビネーションを撮影したいと思います。

また新緑の頃や夏に来ても楽しそうです。
本当に良い気分転換になりました。

2015年10月18日日曜日

あけぼの山農業公園にポタリングとジム通い復活

先週、昭和記念公園に行った際には、まだコスモスは満開ではありませんでしたので、まだコスモスは楽しめそうです。
今週も昭和記念公園に行こうかとも考えたのですが、ツイッターで流れてきた柏市のあけぼの山農業公園のコスモスも良い感じだったので、今週はあけぼの山農業公園に撮影に行ってきました。

本当は朝早く起きて朝焼けとコスモスを撮すつもりだったのですが、前日、眠れなくて布団の中で困っていた時にスマホでwebを見ていたら、2chのまとめサイトで面白い記事(アメリカ人の友人が出来た結果wwwwwwww)を見つけて読み耽ってしまい…。
結局寝たのは2時半だったので、起床は七時半になってしまいました(^^;)
でもリンク先の記事は本当に良い記事なので、ぜひ読んでみてください。

見事な曇り空 この写真、青空ならとても良い写真だったろうに

さて、朝七時半に起床してみると曇り空です。
これでは朝焼けを撮影なんて無理なので、結果オーライですが遅く起きても変わりませんでした。
八時に家を出て、20kmちょっと自転車を漕ぎ、九時過ぎにあけぼの山農業公園に到着です。

風もあり、泣き出しそうな曇り空。
撮影にはけっこう難しい条件です。
悪条件でもそれなりの作品を撮れるようにするためには、良い条件です。

広角を積極的に使って花と背景を撮影していきます。


ちょっとオランダっぽく

あーーー、青空だったらなぁ(笑)
似たような構図でも絞りを変えて被写界深度を変えたり、微妙に構図を変えたり。
一枚の成功写真を撮るために数十枚の失敗写真を撮影しています。

あけぼの山農業公園は、この風車がアイコンですね。
ヒマワリもコスモスも風車をどう使うか、どう引き立てるかが肝です。




ほぼ同じ構図でも花の量や被写界深度を変えると印象が変わります。

このあけぼの山農業公園は夏はひまわりが見事なのですが、ひまわりの種が残っていたようで、一輪だけ、コスモスの中にひまわりが咲いていました。
秋のヒマワリ

コスモスとヒマワリの共演が見れて、とても嬉しかったです。

コスモスを撮影する美しい女性

さて、あけぼの山農業公園の近くには、布施弁財天という弁財天を祀った由緒正しい神社があり、有名そうなので立ち寄ってみました。
この布施弁財天は関東三大弁天のうちの一つで、開山は1,200年前だそうです。

布施弁財天

七五三だったのですね。
七五三参りに来ている方がたくさんいらっしゃっていました。

手水場の龍

手水場でお清めをし、本殿に参拝します。

家族の健康と安全をお願いしました。

鐘楼と三重塔

コスモスと歴史ある神社を堪能し、柏を後にしました。

まっすぐ変えればお昼ご飯の時間には自宅に帰れそうだったのですが、ジムで私の好きなスタジオトレーニングにも間に合いそうな、微妙な時間です。
昼ご飯かトレーニングか迷ったのですが、トレーニングを優先することにしました。

ジムにはしばらく通っていたのですが、昨年の六月くらいに仕事が忙しくなり始めたので、ほぼ退会したような状態でした。
今年に入り、仕事はさらに忙しさを増したのですが、頭と精神だけを消耗しているとストレスが溜まって、良くない状態になってしまいます。

頭と精神を消耗させるなら、身体も消耗させてバランスを取らないといけません。
人間の精神というのは、けっこう脆いということは身を持って経験しています。
ジムでTシャツがビショビショになるまで身体を動かしてから、自宅に帰ってご飯を頂いて、お昼寝をしました。

今週も良い週末でした。
明日からまた頑張ります。

2015年10月13日火曜日

RomaⅡドロップハンドル化とポタリング ~昭和記念公園~

久し振りの更新となります。
ネタが無い訳ではないのですが、どうも更新間隔が空いてしまいます。
書いていけば、後で見返した時に自分が楽しいので、なるべく頻度高く更新したいのですが、まぁマイペースで書いていきます。

さて、私の自転車はBianchiのRomaⅡなのですが、左手の親指で身体を支えているようで、左手の親指の関節を痛め、手首は腱鞘炎になってしまいました。
ライディングポジションを変えて負担軽減を図ろうと、フラットハンドルからドロップハンドルに換装しました。

ドロップハンドル化したRomaⅡ

ハンドル換装に伴い、コントロールレバーとブレーキ周りも合わせて換装し、だいたい3万5千円ほどでした。
案外、安かったです。



RomaⅡはクロスバイクなので元々のブレーキはVブレーキなのですが、それをロード用のブレーキに換装することは出来ないので、カンチブレーキに変更です。
Vブレーキのままだとブレーキが効き過ぎて危険なのです。
ドロップハンドルでカンチブレーキ、28cの太いタイヤ、まるでシクロクロス用の自転車みたいです(笑)

この自転車が仕上がったのが日曜日。
試乗で少し遠出しようと考えて思い当たったのが昭和記念公園です。
曼珠沙華の季節が終わると、次はコスモスの季節です。
いつ写しに行こうかと楽しみにしていたのですが、3連休の最終日、空が晴れ渡ったので試乗兼コスモス撮影を楽しんできました!

ドロップハンドルの使い心地は上々ですが、かなり前傾がきつくなりました。
ライディングポジションがまったく変わったので、また慣れが必要なようです。
ブレーキは効かなくなったのは良いのですが、思っていたより効かないので、ブレーキシュー交換してみるつもりです。
まぁ、慣れの範囲でしょう。

さて、撮影の方ですが、せっかく綺麗に晴れたので青空を入れて広角で撮すことをメインで
やってみようと思っていました。

昭和記念公園前

素晴らしい天気です。
昨年、コスモスを撮影に昭和記念公園に来た時には曇りでガッカリしたものですが、今日は心配なさそうです。
16mmで撮影



広角で隅々までピントを合わせて撮すつもりが、いま見てみると周辺が流れているものが多いです。
これは広角レンズの特徴??
流れている写真を見た時はガッカリでした。
本当に写真は難しいなぁ。


青空を入れる量とかいろいろ試してみます。
でもやっぱり周辺が流れているなぁ。今度は三脚立てて絞りをもっと絞って、ISOをもっと高くして早いシャッタースピードで切れるように試してみます。

これはまぁまぁ上手く撮れたかな

さて、100mmマクロでも撮影します。

色鮮やかに

ふんわりと柔らかく

青空とのコントラスト

この日は自転車も撮影も楽しんだ!と言いたいのですが、実は3連休、体調が悪かったのです。
ちょっと無理して昭和記念公園に行った感じでしたが、やはりこういう無理をするとロクな事がありません。
膝を捻ってしまい、今はサポーターで固めています。
写真を撮らなきゃとか自転車に乗らなきゃとかいう義務感で行動すると良くないですね。

コスモスはまだ楽しめそうですから、足をしっかり治して撮影に行きたいと思います。