2015年8月23日日曜日

東京タワー夜景撮影

前にもどこかで書いた気がしますが、スカイツリーと東京タワーなら、東京タワーの方が好きです。
東京タワーは建造物としての造形が美しいのと、サイズが丁度良いので、写真に撮影した時も周りの建物とバランス良く調和させることが出来ます。

東京タワーの撮影スポットもあちこちにあるのですが、お手軽なのは世界貿易センタービルの展望台です。
世界貿易センタービルから観る東京タワー、特に夜景は美しいです。
とても良い夜景スポット、かつ、デートスポットだと思うのですが、意外と人が少ない穴場です。

昨日は東京タワーのライトアップが通常のランドマークライトだけでなく、20:00~22:00までダイヤモンドヴェールと呼ばれる照明になると言う事だったので、撮影に行ってきました。

16:30に世界貿易センタービルに到着して場所を確保し、夜を待ちます。
16:30位の風景

どこで撮影するのであっても場所の確保は重要ですが、世界貿易センタービルの展望台では特に重要です。
世界貿易センタービルのガラスには飛散防止フィルムが貼ってあるのですが、これがとても傷付きやすい素材なので、三脚やレンズフィルターがあたったりすると傷が付きます。
この傷が撮影する時の大敵なのです。
好きなアングルで、かつ、フィルムの傷が無い所を確保しないと、まともに写真が撮れません。


どうにか良い場所を確保出来たので、マジックタイムと夜を待ちます。

待っている間も暇なので、時々、撮影します。
夕焼け

日が沈み始めマジックタイムになると、刻々と空の色が変わります。

空の色の変化で写真の出来が大きく変わるので、ドンドン写します。
日没と同時にランドマークライトが点灯しました。

この間、習得した露光間ボカシも試してみます。

う~ん、微妙です。
ボカす量の調整が難しい。
前回、スカイツリーを撮影した時の街路灯はボカシすぎると良くない感じだったので、控えめにぼかしてみたのですが、今回はボカす量が少なすぎました。
被写体によって調整が必要です。


日が沈みきった所で、一旦撮影中断で、20:00を待ちます。

20:00になると東京タワーのライトが一瞬消灯し、ダイヤモンドヴェールライトアップが点灯されます。
ダイヤモンドヴェール

今日の目的は、このダイヤモンドヴェールライトアップを露光間ボカシで撮影すること。
早速、ボカしていきます。
少しだけボカして撮影

ボカす量をやや増やしてみました

色々と試行錯誤して、正解を導かないといけないですね。
また練習してみます。
コメントを投稿