2014年1月7日火曜日

写真の良し悪しの判断は難しい

昨日から仕事始め。
出勤してみると、休みの間に溜まった仕事が山積みでした。
今年も一年、頑張ります。

それにしても寒いですね。
昨日は自転車で出勤したのですが、指が千切れそうに痛みました。
今の自転車通勤スタイルはヘルメット、サングラス、イヤーウォーマー、ネックウォーマー、アンダーアーマーのヒートギアシャツ、ウィンドブレーカー、足首まであるレーパン、靴下、オーバーシューズ、グローブです。
この装備でも、なかなか体温が上がらなかったので、もう少し着こむ必要がありそうです。
あぁ、春が待ち遠しい。

昨日は帰りにジムに寄って筋トレをしたのですが、ジムが暖かくて助かりました。
ジムの大きなお風呂も、寒い季節には素敵です。
サウナは苦手ですが、好きな人なら嬉しいでしょうね。

さて、話は変わりまして、写真の話。
私は写真を撮影する時は、500PXの眼の肥えたフォトグラファー達に見せられる写真を撮る努力をしています。
実際に通用しているかどうかはともかく、そういう心意気ということです(^^;)

大体、数百枚撮影して、500PXに投稿できるレベルの写真など数枚といった所ですが、撮影できれば嬉しいです。

今回の蝶の写真の内、最初に投稿したのがこの写真。


選んだポイントは色合いが綺麗なのと、被写体である蝶の口と花にピントがキッチリあっていることです。
どれくらいの評価が得られるか、楽しみにして500PXにアップした所、かろうじてPopularにはなったものの、あまり良い評価が得られませんでした。

そこで次に、この写真をアップしてみました。

選んだポイントは背景の美しいボケ。ただし、蝶の口吻のあたりが少しボケているので、最初には選びませんでした。
しかしこちらの写真がかなりの高評価でした。
LikeやFavorite、コメントの数も一枚目の写真とは比べ物になりません。
嬉しい誤算でした。

どちらの写真も自分が撮影した写真なので愛着がありますが、やはり他人の目は違います。
こういう読み切れない他人の思惑もひっくるめて楽しみながら、写真を楽しんでいきたいと思います。
コメントを投稿